読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニワノトリ

ハロプロ、大森靖子さん、宇多田ヒカルさん、amazarashiなどのJ-popの楽曲レビュー・考察、ライブレポなどを書いているブログです。カテゴリ「このブログについて」に記事のまとめと更新情報があります。ご連絡はTwitter:@ok_take5、メール:tori.niwa.noあっとgmail.comまで(http://n1watooor1.exblog.jp/は愚痴用になりました)。

「気持ち悪い」/大森靖子さんの年末イベントとカウントダウンライブに行って来た話 その1

 

***

 

2014年12月31日に、大森靖子&THEピンクトカレフのイベントを二つ見に行ってきました。

一つ目は 新宿ロフトの「Shinjuku Loft Presents The Final Of 2014 #1」(対バンイベント@新宿)。
二つ目は「大森靖子&THEピンクトカレフ&THEゆく年来る年~'14から'15へ~」(リアルカウントダウンライブ@代官山)。

この日の大森さんは三本立てで、ロフトプラスワンで16:30から「ピントカウントダウン2014-2015」っていうイベントがあったんですが、私はそれは回避して、16:00からずっと新宿ロフトのイベントを見てました。

というわけで、記憶が薄れないうちに、二つのイベントの感想文を書いておこうと思います(ちなみに、新宿ロフトのイベントの大森さん以外のアーティストの感想文はこれです↓)


(ハロヲタが)一人で行ったShinjuku Loft Presents The Final Of 2014 #1 - ニワノトリ

 

 

***

 

1.新宿ロフト

新宿ロフトでの大森さんの出番は5番目。大森さんの前はアーバンギャルドさんで、私は後ろの方で見てたんですが、徐々に周囲に大森さんTシャツ来てる人が増えてきて、あ、ロフトプラスワンのイベントが終わって、ファンの人が流れて来たんだな、と察する。

新宿ロフトのイベントはそれぞれのアーティストのファンの方が「これが俺たちの応援してるグループや(ドヤッ)」みたいな感じで、ファンの人たちも全力でパフォーマンス(というのか?)してて、見てるだけで楽しかったので、大森さんファン=キティさんたちは他のアーティストのファンに何を見せてくれるのかと勝手に期待値が上がります。

DJの方が転換中にハロプロの曲を流してくれて(「シャバダ バ ドゥ〜』とか!)、テンションも上がる。

 


道重さゆみ 『シャバダバ ドゥ~』(Sayumi Michishige[Shaba Daba Do]) (Promotion Ver.) - YouTube

 

 

***


肝心のステージは、『洗脳』のキラーチューン、「絶対絶望絶好調」からスタート。
私は前の端っこの方にいたのでステージはよく見えなかったんですが、あれ、なんか、大森さんらしき人複数いる……? と思ったら、大森さん3人いましたw 
コショージさんとユキちゃんがいて、MJの再現! 
曲の途中で何か大森さんが指さして爆笑してるなあと思って後ろを見たら、ヲタの上にダイブしたユキちゃんが人の海の真ん中にまで運ばれて、天井のクーラーにぶら下がっていて、かなりのカオス空間になってましたw 

 

もう大森さんもピントカも最初からエンジン全開で、続いての「Over The Party」、「背中のジッパー」と、あまりに急速に上がり続けるテンションに、私はついて行くので精一杯でした。
でも、「進化する豚!」って叫べたのも、背中のジッパーを生で聞けたのも、嬉しかった。

 

そして、四曲目の「ミッドナイト清純異性交遊」
さゆが娘。を卒業してからこの曲を聞くのは初めてだったんですが、大森さんの声があまりに力強くて、ああ、さゆ、卒業しちゃったんだなっていう実感が沸いてきて、涙が出そうになりました。歌声も、目線も、大森さんの一挙一動が本当に力強く……「大森さんが 今 目の前で ステージに立ってる!」という確固たる存在感が感じられて、ああ、さゆがやってきたこと、大森さんがさゆに会って得たものが確実に大森さんの一部になって、大森さんの歌声になって私たちのところに届けられてるんだ、と強く感じました。生でこの曲を聞けて、本当に良かったです。

 

五曲目の「絶対彼女」は、ピントカver.になると、すごく優しさが増す気がします。私は、2014年、「絶対彼女」をきっかけに大森さんを知ったので、ピントカの演奏する心地よい音楽に包み込まれながら、この一年、大森さんに出会って変わったことをずっと反芻していました。
実際には大して変わってないんですが; 心情的には、大森さんに出会ったことをきっかけに、私の人生、とても大きく変わりました。大森さんに出会えてよかった!

 

六曲目。「ここは私の街!」そう叫んで「新宿」を歌い出す。大森さんのその笑顔が本当に嬉しそうで、今日、「新宿」という曲を聞けてよかったって思いました。生まれた場所ではないのに、ここは私の街と信じられる場所に出会って、そこで実際にライブして、人を集めて、みんなを笑顔にしたり、感動させたりする大森さんはやっぱり凄い人ですね。私は、未だに東京のことはよく分からないから、私にとって、新宿は大森さんの街です。

 

ナナ曲目の「最終公演」。この曲も、ピントカver.になると優しさが増すというか……弾き語りの時には鋭く胸に突き刺すように迫ってくる切なさが、ゆっくりと浸み込んでくる、柔らかなものになるようか感じがします。初めて「最終公演」をCDで聞いた時には、この曲を聞いて、身体でリズムを刻めるなんて想像もしていませんでした。やっぱり、バンドで聞くと、全然知らなかった大森さんの曲の色んな側面が見えてきて、一人でCDで音楽を聞くだけでは見えてこない、楽曲の奥深さを知ることができる気がします。

 

最後の曲は「呪いは水色」。アカペラで、観客席の真ん中に突入
前の端っこの方にいた私には当然大森さんの姿は見えなかったのですが。
息をのんで大森さんを見つめる観客のみなさんの姿が目に浮かぶようでした。
バンドからいきなりのアカペラ。丸裸になった大森さんの歌声が会場に響いて、それでも、音楽の勢いは全く衰えていなくて。
大森さんが歌い終わった後、キティのみなさんの「ドヤ、うちの大森靖子ドヤっ」という誇らしげな心の声が聞こえてくる気がしました。

 

→ その2に続く:大森靖子さんの年末イベントとカウントダウンライブに行って来た話 その2